ロッキン神経痛のブログ

脳みそから出るアレをこぼさずジップロック

僕は今朝、路上で神様に出会った。

 突然だけど、僕は毎朝チャリンコ通勤をしています。今朝も会社に備蓄しておく食料をカゴに積んで、通勤ルートという名のサーキットを爆走していました。今思い返せば、少し寝過ごしたせいで、遅刻とは言わないまでもギリギリの到着になりそうな状況下にあり少し焦っていたのかもしれません。

 

 僕は、ちょうどサーキット半周に差し掛かる辺りで、うかつにも通勤レース最大の難所と呼ばれて久しい、あの魔の段差を見落としてしまったのです。

 

 これまで幾人もの高齢者を葬り去ってきた魔の段差。自治体の悪意の塊の、あの魔の段差。歩道と橋の境目に突然現れる、10cmの鋭利な魔の段差に、あろうことか真正面から突入するコースを選んでしまったのです。

 

 気づいた時には、目標まで1メートル弱の距離で、もはや進路変更は不可能。くそっ、こうなったらなんとか乗り切るしかない。僕は全身に神経を集中させて、この難局を乗り切る決意をしました。

 

 段差に直接タイヤがぶつかり、ガッコン!と前輪が上下に揺れ、その振動はフレームを伝わって僕の全身を震わせます。ちくしょう、負けるか、負けられるか。僕には会わなきゃならない人(上司)がいるんだ。ガッコン!次に後輪が段差にぶつかり、ボディを左右に激しく揺らし、僕の固い意志と熱い思いを打ち砕こうとしてきます。流れる汗、きしむ車体、暴れるハンドルを必死に抑える僕。ここを、ここさえ乗り切れば、僕は死んだって良い!だから今は、今だけは生ぎだい”!!(ドン!)

 

 そんな僕の強い思いが通じたのか、それともこの前道で拾い食いしたチャリンコノリノリの実の能力が発動したのかは分かりませんが、結果僕は幸いにもバランスを取り戻し、横転を避けることができました。

 

 その様子を見ていたのか、「マーベラス!」と、いつもこのあたりをうろついている通称ヘッドホンおじさんが叫んでいましたが、今日も小刻みに揺れてて怖いので目は合わせませんでした。ちなみにこの人は神ではありません。道路に現れるただの妖精です。そして、僕がやっとの思いで障害物を乗り越え、通常走行へ戻り加速をかけようとしたその時、悲劇が起こりました。

 

 おそらく激しい揺れでカゴの中で保たれていた絶妙な均衡が崩れたのでしょう。カゴの中でゆるやかに行われていた荷物の舞踏会が、魔の段差によって秩序を無くした死の舞踏会になり、舞台からダンサー達が飛び出してきたのです。

 

 端的に言えば、カゴの中身が四方八方に飛び散りました。

 

「あああーっ・・・」

 

 悲痛な声が自然と出ましたが、僕に悲しむ暇はありません。とにかく時間が無いのです。このレースに棄権や失格は許されていません。僕はブルーな気持ちのまま、スッと路肩に自転車を止めると、トイレ中の猫のような無表情さで横たわるダンサー達を回収し始めました。はぁ、ダンサーって何だよペットボトルとカップ麺じゃねーか僕は馬鹿か、今日帰ったら死のう。などと思いながら淡々と荷物を拾っていると、僕の後ろから声が聞こえました。

 

  「これも落ちてましたよ」

 

 ふと声の方向に顔を上げると、少しへこんだ僕のウーロン茶を手に持った青年がそこに立っていました。なんと僕がカゴの中身をばらまいたのを見ていたのか、わざわざチャリンコを止めて、それらを拾ってくれていたのです。

 

「あああ、ありがとうございますぅぅ・・・」

 

 突然の思いがけない親切さに、僕が腑抜けた声で感謝の意を返すと、いえいえと微笑みながらその青年は颯爽とチャリンコにまたがり、その場を去って行きました。

 

 僕は呆然として、まるで暗闇に突然スポットライトを当てられたような心地になり、唐突に現れた現人神の後ろ姿を、恋するベッキーのように、いつまでもいつまでもうっとりと見ていました。そのお姿には後光が確かに差しており、またがるチャリンコはペガサスのようでございました。

 

 これが、僕が今朝路上で目撃した、神の話こと神話です。ただの小さな親切を受けた話と思うかもしれませんが、その親切を受けた側によっては気色が悪いくらい感謝されていることもあるよ、という一例としてお納め下さい。